過活動膀胱ってどんな症状なの?

過活動膀胱のイメージ

 

あなたも一度は耳にしたことのある「過活動膀胱」ですが、具体的にどのような症状が出るものか知っていますか?
現在40歳以上の男性・女性問わず、8人に1人が過活動膀胱の症状に悩んでいると言われています。

 

でもなかなか相談しづらいのでそのまま病院を受診しないまま…なんて人も多いのではないでしょうか。
日常生活に支障をきたす過活動膀胱とはどんな症状があるのか?
詳しくご紹介していきます。

 

 

 

 

尿意のメカニズムとは

腎臓で作られた尿を溜めるのが膀胱の役割です。
いっぱいになると尿道から外に排出するのが排尿です。
尿を膀胱に溜めるのは蓄尿といい、膀胱を緩め尿道の筋肉を縮めることによって尿が出ていかないようにしています。

 

それに対して排尿は、膀胱が縮んで筋肉を緩めることによって尿を外になります。
過活動膀胱になると、尿が完全に溜まり切る前に膀胱の収縮が勝手におきてしまい、尿意を我慢できなくなってしまうのです。

 

本来尿意というのは、神経の伝達によって制御されています。
例えば排尿をするときはその指示を脳に出して、筋肉を緩めます。
ただし、過活動膀胱になるとその指示が適切に行われなくなるので、本人の意思とは別に縮んでしまうのです。

ページトップに戻る

 

過活動膀胱の症状とは

一言に過活動膀胱といっても、症状には種類があります。
主に「尿意切迫感」「頻尿」「切迫性尿失禁」の3種類になり、それぞれの特徴を説明します。

 

1. 尿意切迫感

過活動膀胱で最も多い悩みの一つです。
それまでは特にトイレに行きたいとも思わなかったのに、急にトイレに行きたくなり我慢ができなくなってしまうものです。
近くにトイレがありすぐに行ければいいのですが、なかには間に合わず尿失禁をしてしまう人もいます。
尿意切迫感の場合、過活動膀胱以外にも膀胱炎や前立腺肥大症などが関係していることもあります。

 

2. 頻尿(夜間頻尿も含む)

日中だと尿意で8回以上トイレに行く、夜間だと尿意で起きトイレに行きたくなるものです。
本来人間は日中5回〜7回程度、夜間は0回が正常だといわれています。
夜熟睡できなくなる原因でもあり、夜中に起きてトイレに行くのが毎日であれば頻尿の可能性が高いのです。
また回数に囚われず、自分自身で排尿回数が多いと感じているときは頻尿です。
頻尿のケースでは、他にも多尿や残尿・尿路に感染や炎症が起きている場合もあります。

 

3. 切迫性尿失禁

急に尿意をもよおし、トイレまで我慢できず時には漏らしてしまう状態です。
この場合1回の排尿量は少なく、何度もトイレに行くようになってしまいます。
切迫性尿失禁になるとお出かけの度に不安だと外出を控えてしまったり、行った先でトイレを確認するようになります。

 

これらの症状がひどくなると、いつ襲ってくるのかわからない尿意に外出が困難になってしまうこともあります。
なかには一日中家に閉じこもりがちになってしまう人も少なくありません。
最初は「もしかして!?」ぐらいの頻度だったものが、そのままにしていると症状が悪化してしまう可能性があるのです。

ページトップに戻る

 

過活動膀胱になってしまう原因は?

過活動膀胱になってしまう原因には大きく分けて2通りが考えられます。
それぞれの違いについて説明します。

 

1. 神経因性過活動膀胱

何かしらの病気による脳の障害や、脳と膀胱の筋肉を結ぶ神経の回路になにかしらの障害が起きると、尿の司令が正常に行われなくなってしまいます。
尿を溜め込んだり排出することがうまくできなくなることで、少ししか尿が溜まっていないのに排出してしまうのです。
脳卒中や脳梗塞などの脳の病気はもちろん、パーキンソン病や脊髄関係の病気が原因になっていることもあります。

 

2.  非神経因性過活動膀胱

脳や神経以外の原因で過活動膀胱になってしまうことをいいます。
例えば女性の場合、30代など若くして過活動膀胱になってしまう人もいるのですが、この原因の多くは出産により骨盤底筋が弱くなってしまうことにあります。
加齢が原因の場合もありますが、排尿がうまくいかなくなります。
そもそも「過活動膀胱の原因が何か?」を調べてもはっきりとわからない原因不明の場合もあり、必ずしもその原因がはっきりするとは限らないのです。

 

これらの原因以外にも、精神的な緊張や不安が過活動膀胱の原因になっていることもありますし、寝る前の過剰な水分摂取が関係していることもあります。
原因を調べてみて特定できなかった場合は、これらの要因も見直してみるのをおすすめします。

ページトップに戻る

 

まとめ

過活動膀胱は決して珍しい病気ではないものの、誰にも相談できずに放置してしまう人が多いと言われています。
いつ尿意に襲われるのかわかりませんし、トイレが近くにないと不安になってしまうので、お出かけを楽しめなくなってしまうのです。

 

少しでも当てはまるかも!?と思ったら病院を受診するのをおすすめします。
8人に1人の割合で過活動膀胱で悩んでいるということは、誰でもなる可能性があり早めの治療が大切です。

 

 

八味地黄丸の詳細情報へボタン

 

 

カテゴリーページに戻る トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ