女性が泌尿器科に対して抱いているイメージと現実

女性の泌尿器科に対するイメージと現実

 

泌尿器科に対して苦手だと話す女性は多いのではないでしょうか。
体調不良があれば病院を受診するのは特別なことではありませんが、婦人科異常に泌尿器科に行きにくいと辛い症状があっても我慢してしまう人が多いようです。

 

そもそも女性は泌尿器科についてどんなイメージを持っているのでしょうか?

 

なかなか聞けないことだからこそ、女性の抱いている泌尿器科のイメージと現実についてを説明していきます。

 

 

 

 

泌尿器科とはなにをしている場所なの?

女性の泌尿器科に対するイメージと現実

 

そもそも泌尿器科といえば何をしている診療科なのかわかりますか?
膀胱・前立腺・陰茎・尿管・腎・副腎など男性・女性の実にさまざまな場所の不調をトータルで診ている場所です。
外科的な面はもちろんのこと、内面の疾患についても診療を行っており必要に応じて手術もしています。

 

例えば悪性腫瘍はもちろん、女性特有の尿失禁や性器脱などの手術を行っているのも泌尿器科です。
手術というと怖いイメージを持ってしまうかもしれませんが、外科のなかでも最先端のテクノロジーを用いて手術を行う科としても知られています。

 

例えば泌尿器科で行っている手術はほとんどが腹腔鏡手術も手術ロボットを使ったものになりつつありますし、このロボット手術を保険で適用させているのは泌尿器科だけなんです。
そのぐらい技術が進んでいる診療科でもあり、幅広い内容の診療を行っていることもあって、誰もがかかる可能性のある場所です。

 

特に高齢者の尿トラブルが年々増えていることもあって、泌尿器科については誰でも受診すると認識しておくことが大切です。

ページトップに戻る

 

女性が泌尿器科に対して持っているイメージと現実

女性の泌尿器科に対するイメージと現実

 

女性が泌尿器科に対して、どんなイメージを持っているのか?気になりますよね。
まずはその部分から詳しく見ていきましょう。

1. 恥ずかしい

泌尿器科について恥ずかしいと考えてしまう女性は多いものです。
確かに生殖器周辺を診察する泌尿器科に対してそういった感情を持ってしまう人もいると思います。
でも実際の泌尿器科は婦人科のないような内診はしませんし、あまりにも状況が悪いときや内診をしないとわからないときは陰部を見て診察を行うケースもありますが、ほとんどは尿検査や超音波検査など婦人科でも行うような診察に過ぎません。
そのため泌尿器科=恥ずかしいというのは実際のイメージと現実が大きくかけ離れているのかなと思います。

2. 痛い

泌尿器科での検査や治療は痛みを伴うものというイメージを持っている人も少なくありません。
でも泌尿器科では基本的に痛みを感じるような検査方法や治療は行いません。
以前であれば尿道から管やカメラを入れるような診察方法もありましたが、今ではこういった診察は行いません。

 

尿定性検査や尿沈査、超音波検査などを行うのが一般的になり、次にCT検査などを行います。
尿道から内視鏡を入れる検査についても、多くの施設で軟性膀胱鏡と呼ばれる柔らかいタイプを使います。
尿道のカーブに合わせて曲がるようにできているので多少の不快感はあるものの痛みを感じるほどではありません。

 

もちろん手術などの外科的なものであれば術後に痛みを感じますが、診察を行うときに痛みを伴うようなものはないので安心して診療を受けてくださいね。
また心配なときは「痛いのが苦手で…」と事前に伝えておくと丁寧に説明してくれるはずですよ。

3. 性病

泌尿器科というと性病でかかる診療科でしょと思っている女性も多いものです。
泌尿器科にかかっているところを見られたら周りにも「性病でかかっているのでは?」と思われそうでなかなか勇気が出ないと話される女性の人もいます。

 

でも実際には泌尿器科は幅広い診療を行っている化になりますので性病だけと考えるのは違うかもしれません。
例えば尿トラブルは高齢者の方もいますが、産後の女性で悩んでいることも多く、性病でもなければ20代〜30代の女性が受診することだってあります。
そのなかの一つに性病の治療もしてくれるというだけの話です。

ページトップに戻る

 

不安なことがあれば事前に伝える

女性の泌尿器科に対するイメージと現実

 

泌尿器科でははじめて診察に行った初診で痛みを伴うような検査を行うことはまず考えられません。
段階を踏みながら症状の原因を調べていき、必要に応じて検査を変えていきます。
医師と相談しながら進めることができるので、痛みを伴うような検査が心配で不調をそのままにしてしまう方が問題です。

 

また恥ずかしいと思うなら女医さんがいる病院にかかってもいいと思います。
泌尿器科によっても病院の雰囲気が変わりますし、ここなら安心して治療を受けられそうと思える病院を探すようにしてくださいね。

ページトップに戻る

 

まとめ

女性が泌尿器科に対してイメージしていることの多くは実は勘違いで、実際の泌尿器科の診察や検査とは違った内容の場合もあります。
受診している人の多くが最初は不安な気持ちを抱えたまま病院を受診し、治療を行っているはずです。
病院選びは慎重に納得できる泌尿器科を探してくださいね。

ページトップに戻る

 

 

女性の行きやすそうな泌尿器科リストへ

 

 

八味地黄丸の詳細情報へボタン

 

 

カテゴリーページに戻る トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ