頻尿で外出するのが不安!トイレが近くて困っていませんか?

トイレのイメージ

 

” 近くにトイレはあるのかしら・・・ ”

 

ショッピングのお出掛けや親しいお友達との小旅行、数年に一度の家族旅行といった楽しいはずの機会が、「頻尿」によって楽しめなくなっていませんか?

  • 外出先でのトイレ探し
  • 友人に知られたくない気持ち
  • せっかくの楽しみに気を遣わせてしまう心苦しさ

このような心配を抱えているのは、あなただけではないのです。

 

ここでは「頻尿」の判断基準やおもな原因などをご紹介します。
夜中にトイレに起きる「夜間頻尿」とは区別しています。

 

「夜間頻尿」でお悩みの方は、下記記事をご参照ください。
⇒ 夜間頻尿について|判断基準とおもな原因

 

 

 

 

昼間頻尿で外出がおっくうになっていませんか?

旅行などの楽しいのイメージ

 

わたしの妻は「昼間頻尿(頻尿)」で悩んでいます。
普段、家にいるときにはそれほど困ったことにはならないのですが、外出となると「頻尿」の影響が顕著に現れてきます。
自宅から駅まで歩いてトイレに入り、電車に乗っている最中にはトイレの不安を感じ、目的地に到着したらすぐにトイレに向かうのです。
こうなると旅行に行くのも消極的になってしまいます。
本人いわく、「若いころには頻尿の心配をしたことがなかったのに…」とのこと。

 

もしかしたら、あなたやあなたのパートナーも「昼間頻尿」で悩まれていませんか?

 

遠出の際、急に尿意を感じたらどうしようかしら・・・

少し遠くに出かけることになると、次のような不安と心配が頭に浮かんできます。

  • 移動中にトイレに行きたくなったらどうしようかしら・・・
  • ディナーの最中にトイレに立ったら失礼になってしまうわ・・・
  • トイレまで我慢できても、女性用のトイレが混んでいたらどうしましょう・・・
  • せっかくの旅行なのにトイレのことが心配で楽しめない・・・
  • 尿漏れ用のパットを使ってみたけれど、ニオイは大丈夫かしら・・・

このような不安を感じていたら、仲の良いお友達とのお出掛けや旅行にだって消極的になってしまいそうです。
外に出ることが億劫になってしまうと、気持ちが塞ぎがちになったり、急に老け込んだりしてしまうかもしれません。

 

車・バス・電車の移動でちょくちょくトイレに寄るのも苦痛

頻尿が気になるのは遠出に限ったことではありません。
日々の通勤やお買い物にも影響します。

 

会社などの目的地に着く前に、トイレに入るために途中下車をするのは、貴重な朝の時間のロスにつながります。
そのために数本早い電車に乗ることで用心することだってあり得るのです。
これもストレスの蓄積に影響しかねません。

 

誰かと一緒に移動しているときに、度々トイレに行くのも気が引けてしまいます。
相手は ” そんな自分のことをどのように思っているのだろう? ”とか、” おかしな人と思われていないかしら? ”といったように恥ずかしさを感じてしまったり、人目を気にするようになってしまいます。

 

尿意を感じる間隔がもう少し開いてくれたらと願うばかりです。

 

一日中トイレの心配や尿漏れの不安で頭がいっぱいに・・・

仕事をされている方は日中のトイレの回数も悩みのひとつだと思います。
仕事のちょっとした合間に休憩することは作業効率向上の面から考えても問題ないことだと思います。
ところが1時間半〜2時間おきにトイレに席を立つとなると気まずさを感じるかもしれません。

 

ほかにも、長い時間の会議に出席するとか、大切なお客様とのお電話や接待に尿意を感じたらと考えると不安でいっぱいになりそうです。
このような不安は作業の効率を低下させ、判断力にもマイナスの影響を与えかねません。
” たかが頻尿… ”というようには済ませられないのです。

ページトップに戻る

 

昼間も尿意を感じてからすぐに排尿したくなって、我慢ができない

尿意を感じたのイメージ

 

頻尿のお悩みは切実です。

 

” トイレに行きたい! ” と感じると、居ても立っても居られなくなります。
すぐにでもトイレに駆け込んでスッキリしたくなります。
そしてその時の緊迫した気持ちは、未来への不安を増してしまうのです。

 

” また、あの時のようになったらどうしようかしら… ”

 

こうなると外出するのも億劫になってしまいます。
人との付き合いも減りがちになり、気分転換や楽しいと感じる機会も減って老け込んでしまいかねません。

 

” ちょっと合わないうちに老けたんじゃない? ”

 

男女の違いは関係ないのでしょうが、特に女性は年齢を重ねてもやはり若々しくありたいものなのです。

 

わたしの妻も「昼間頻尿」の心配がなければ、もっとお出掛けしたいのと思っていました。
昼間と夜の違いはありますが、まさに夫婦そろって「頻尿」に悩まされていたのです。

 

トイレにまつわる話は恥ずかしさを感じて人にも相談しにくくて・・・

トイレにまつわるお悩みは、なかなか人に相談しにくいものです。
やはり似たいような不安を感じたことがない人には、思いもよらないことのようです。

 

” 何言ってるの? ”
” ちょっと我慢すればいいじゃない! ”

 

などといった反応が返ってきたら、気持ちも傷ついてしまいます。

 

我が家の場合は、わたし(夫)が夜中に何度もトイレに行きはじめた方が先でしたので、妻も頻尿について相談しやすかったようです。
そのような状態だったので、ノコギリヤシサプリメントや漢方薬の購入についても、夫婦で検討して取り組みました。

 

必ずしも身近に同じ悩みを持たれている方がいるわけではないと思いますが、このサイトが少しでもお役に立つことができればと願っています。

ページトップに戻る

 

昼間頻尿はトイレの回数で判断!?

外出先のトイレのイメージ

 

頻尿はどのように判断されるのでしょうか?

 

どのくらいの頻度でトイレに行かといった具体的な回数で判断されます。

 

昼間頻尿の判断基準は次の通りです。

 

昼間頻尿の場合

昼間頻尿が疑われるのは、朝起きてから夜寝るまでの間に 8回以上トイレに行く場合です。
8〜9回だと昼間頻尿が疑われ、10回以上となると昼間頻尿と判断されます。

 

日中に排尿する回数としては、4〜7回が正常と考えられているのです。
それとともに排尿される量としては、平均 1,000〜1,500mLとされています。
1度のおトイレで、200〜300mLが平均です。

 

日中のおトイレの回数が 8回以上の日が続いているのなら、「昼間頻尿」であると認識して対策を考えた方がよいと思われます。
対応策としては、泌尿器科で診てもらうのが一番よいと思います。

 

ところが、泌尿器科と聞くと女性は受診するのに戸惑いを感じるかもしれません。
泌尿器科は ” 男性の泌尿器関連の病気を診るところ ” とか ” 性病の治療を受けるところ ” といったイメージが先行するからかもしれません。

 

変な話ですが、男性にとっても婦人科の待合室でイスに座るのには少し抵抗がありますよね。
女性にしてみれば、泌尿器科で診てもらうことがそのような感じなのかもしれません。

 

実際には、泌尿器科は男性だけでなく女性も診てもらうことができます。
ただし、男性の医師には相談しにくさが残るかもしれませんが・・・

 

不安がある方には躊躇せずに泌尿器科の受診をおすすめします。

 

でも、”そこまでしなくても ” という方は多いかもしれません。
そのような方には、是非ともこのサイトを活用していただきたいと思います。

ページトップに戻る

 

昼間頻尿のおもな原因

頻尿のイメージ

 

昼間頻尿の原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

わたしの妻が昼間頻尿で困っていることもあり、気になって調べてみたことをご紹介します。

 

どうやら頻尿の症状がでる原因はひとつではないようです。

 

※頻尿の陰に大きな病気が潜んでいる場合もありますので、気になる方は泌尿器科で診てもらうことをおすすめします。

 

一般的な加齢によって起こる頻尿

やはり歳をとるとトイレが近くなりやすくなります。
膀胱も身体の一部ですから、年齢とともに少しずつ硬くなっていくのですね。
膀胱以外にも尿に関係する器官(腎臓など)も同じで、少しずつ弱くなっていきます。

 

そうなってくると、若いころのように尿をたくさん溜めておくということが難しくなります。
水分補給のために飲料水やお茶などを多めにとっていると、それに伴って尿の量も多くなります。

 

神経性頻尿

例えば、「テストや大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなったり」したことはありませんか。
他には「電車やバスの移動中にトイレに行きたくなったり」

 

このような緊張や不安があると尿意を感じるのが神経性頻尿です。
尿意を長時間我慢した場合などは別として、” 今にも漏れそう… ” というような「尿意切迫感」は少ないようです。

 

神経性頻尿はいわばストレスが原因となっているので、何かに集中していたり、くつろいでいるときには頻尿の状態になりません。
ストレスが大きな原因であることから、寝ている間に尿意を感じる「夜間頻尿」はあまりないようです。

 

頻尿というと中高年の方の症状という印象がありますが、神経性頻尿に年齢はあまり関係ないようです。
また、男性よりも女性の方が多いようです。

 

神経性頻尿であるかどうかの目安をご紹介します。
ひとつでも当てはまれば「神経性頻尿」の疑いがあります。

  • 緊張するとトイレに行きたくなってしまう。
  • 不安を感じるとトイレに行きたくなってしまう。
  • いつもトイレが近いわけではない。
  • トイレの不安を感じるとトイレの回数が増える。
  • 尿意を感じてもある程度我慢することはできる。

 

過活動膀胱

過活動膀胱とは、自分の意思に関係なく急に膀胱が収縮してしまう症状のことです。
具体的には、「尿意が我慢できないほど強い(尿意切迫感)」が必ずあり、通常、「昼間頻尿」・「夜間頻尿」を伴います。
「尿意切迫感があり我慢しきれずに漏らしてしまう(切迫性尿失禁)」を伴う場合と伴わない場合があります。

 

過活動膀胱のおもな原因としては、次のようなことが考えられます。

  1. 自律神経が乱れたり衰えることで、排尿の制御がうまくいかなくなる。
  2. 骨盤底筋がゆるむことで排尿の制御がうまくいかなくなる。
  3. 排尿を制御する脳や、脳と膀胱をつないでいる神経が傷ついている。

 

@の自律神経には交感神経と副交感神経があります。
緊張状態になると交感神経が、リラックスしている状態だと副交感神経が優位になります。

 

これを尿意との関係で見てみると、交感神経が優位になるのは膀胱に尿が溜まってきたときとなります。
そうなると脳から膀胱に筋肉をゆるめるように指示が送られます。
たまった尿が一定になると、脳には副交感神経を通じて膀胱に尿が溜まった感覚が伝えられます。
これによって尿意を感じるわけです。
その後は排泄を促す指令が脳から送られて、膀胱が収縮します。
また、それまでは尿が漏れないようにバルブの役割を果たしていた尿道括約筋がゆるんで排泄がはじまります。
尿を溜める機能と排出する機能は、自律神経によって制御されているのです。

 

Aの骨盤底筋とは骨盤の底部にある筋肉の総称で、膀胱、尿道、直腸、子宮を下から支えています。

 

Bのような状態になる理由としては、認知症、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などによる脳血管障害、パーキンソン病、椎間板ヘルニアなどが考えられます。

 

過活動膀胱であるかどうかの目安をご紹介します。
ひとつでも当てはまれば「過活動膀胱」の疑いがあります。

  • トイレを済ませたあと 2時間以内に再びトイレに行く。
  • 尿がまだ溜まっていないのに尿意を感じる。
  • 排尿したくなると我慢するのが難しい。
  • 排尿する際、トイレに間に合わないことがある。
  • 寝ている間に、尿意を感じて目が覚める

 

前立腺肥大症

前立腺は男性にだけある器官のため、前立腺肥大症は男性特有の尿トラブルです。
前立腺には精液の一部(前立腺液)を作る働きがあります。

 

通常、前立腺の大きさはクルミ程度ですが、加齢によって大きくなることがあります。
そうなると前立腺の中を通っている尿道が圧迫されて、尿トラブルに至るというわけです。

 

前立腺の肥大は 50歳代から多くなります。
さらに 60歳代中ごろには約 70%の男性に前立腺肥大が見られると言われています。
前立腺肥大症は、中高年男性の頻尿で最も多い原因です。
また、前立腺肥大症を患われている方の半数以上に過活動膀胱が併発しているとも言われています。

 

症状(尿トラブル)としては次のようなものがあります。

  • 日中、8回以上トイレに行く【昼間頻尿】
  • 夜中、1回以上トイレに行く【夜間頻尿】
  • 急に我慢が難しいほどの尿意を感じる【尿意切迫感】
  • 排尿時の勢いが弱い【尿勢低下】
  • 排尿後スッキリしない【残尿感】
  • 排尿時にお腹に力を入れないと出にくい【腹圧排尿】

注意が必要なのは、前立腺がんも前立腺肥大症とよく似た症状を引き起こすという点です。
気になる方は、迷わず泌尿器科での受診をおすすめします。

 

細菌が感染することでおこる頻尿

突然、頻尿になる原因として多いのが細菌の感染によるものです。
尿を出すときに痛みが伴ったり、下腹部痛、尿の濁りなどの症状も併せて出る場合があります。
いくつかの例をご紹介します。
気になる方は、泌尿器科での受診をおすすめします。

 

膀胱炎

女性に多く、尿道口から細菌(大腸菌など)が侵入することで起こります。
軽症の場合だとトイレが近くなったり、残尿感を感じるといった症状ですみますが、炎症がひどくなると排尿時の痛み、下腹部痛、尿の濁り、血尿といった症状がでることがあります。
腰の痛みが強くなったり、発熱を伴う場合には、「腎盂腎炎」が併発している場合も考えられます。

 

尿道炎

男性に多く、尿道に細菌(淋菌、クラジミア、大腸菌など)が入ることで起こる感染症です。
トイレが近くなったり、尿道から分泌物がでる、排尿時の痛みなどの症状があります。

 

前立腺炎

男性のみ発症する可能性があります。
尿道から前立腺内に細菌が侵入して起こる感染症です。
急性前立腺炎の場合、トイレが近くなる、高熱、排尿時の痛みといった症状がでます。
慢性前立腺炎の場合、陰部の不快感であるとか残尿感といった症状がでます。

 

がんが原因の頻尿

是非とも泌尿器科での診てもらいたいケースです。
膀胱がんや前立腺がんも頻尿の原因になることがあります。

 

膀胱がん

膀胱に炎症が起きるので、膀胱炎と似た症状がみられます。
膀胱炎の症状が強いがんの場合は、悪性のがんであることが多いようです。
要注意です。

 

前立腺がん

症状がでにくいがんのようです。
尿が出にくい、トイレが近いといった前立腺肥大症と同じような症状からはじまります。
血液検査で簡単に診断できるそうなので、心配な方は医療機関で診てもらっれください。

ページトップに戻る

 

昼間頻尿をサポートしてくれるサプリや漢方薬があると知りました

サプリやお薬のイメージ

 

わたしは夜間頻尿で、妻は昼間頻尿で悩んでいました。
わたしの場合は「生漢煎(R) 八味地黄丸」との出会いで悩みが解消されました。
妻の場合は、残念ながら現在は販売されていないサプリメントですが「ノコギリヤシ400+ペポカボチャ」との出会いがプラスとなりました。
「ノコギリヤシ400+ペポカボチャ」サプリメントを販売していた株式会社リアルメイトでは、現在、女性のサポートに「ペポカボチャ種子エキス&クランベリー」を販売しています。

 

わたし妻の「ノコギリヤシ400+ペポカボチャ」にまるわる体験談に興味のある方は、下記もご参照ください。
⇒ 昼間頻尿の悩みでノコギリヤシ400+ペポカボチャを体験!

 

八味地黄丸の詳細情報へボタン

 

 

カテゴリーページに戻る トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ